ダイハツ・ミライース《撮影 宮崎壮人》

ダイハツ工業が20日に発表した新型車『ミライース』は、従来とは異なる手法で開発したことで実現した。伊奈功一社長は「開発の全体最適化で燃費向上、軽量化、コスト低減をスピーディな意思決定によって短期間で開発できた」と語る。

イースの開発では、人事権も持つ車両開発担当役員が中心となって各分野のスペシャリストを集めたチームを編成、このチームが車両の設計から開発、調達、生産、販売までを一元管理する体制を構築した。「チームで自己完結する」体制で、これによって全体が最適化され、高い目標をクリアした新型車を短期間で短縮できた。

同社では今後も主要モデルの開発では、こうした開発手法を導入していく方針だ。

ダイハツ伊奈社長《撮影 宮崎壮人》 ダイハツ・ミライース《撮影 宮崎壮人》 ダイハツ・ミライース《撮影 宮崎壮人》