三菱重工パーキングは20日、待ち時間を最大30%短縮、使用電力を約30%削減したエレベーター式立体駐車場「スマートリフトパーク」を開発、10月1日から販売を開始すると発表した。

スマートリフトパークは、マンションやテナントビルなどに広く採用されているリフトパークの進化版。入庫時に計測する車両重量に合わせて昇降速度と加速度を自動可変する新開発の制御システムを標準装備。昇降速度の最適化をはかって、従来機に比べ最大で30%の待ち時間短縮を実現した。

また、使用電力も大きく削減。これまで廃棄されることが多かった、エレベーター下降時に発生する電気エネルギーを他の設備の電源として再利用する回生システムや、待機中の使用電力を約30%削減するシステムを標準装備する。

また、オプションとして蓄放電装置を導入し、運転電力を従来比約30%削減することも可能。さらに、太陽電池の設置により駐車中の電気自動車やプラグインハイブリッド自動車への充電を実施して、環境負荷低減にも貢献する。