TBKは20日、インドでの合弁会社、 TBKインディアの出資比率を引上げ、子会社化。優先株の引受けで、同社の資本充実を図ると発表した。

TBKインディアは1998年、インドのディーゼルエンジン用ポンプメーカー、ルブリケア社との合弁で設立。大手自動車メーカーを主要取引先としたエンジン用ポンプなどの製造販売を行っている。

TBKは、インド市場の高い成長性、日米欧メーカーへの部品供給拠点としての同国の重要性の高まりとともに、アセアン経済圏とインド経済圏の急接近を背景に、TBKインディアを子会社化。TBKグループの重要なグローバル生産拠点として位置付け、現地生産を拡大する。