ダイハツ・ミライースG

ダイハツ工業は、低燃費、低価格を実現した新型軽乗用車『ミライース』を、20日から発売開始した。

ミライースは、昨今の環境意識や低価格志向の高まりを受け、誰もが乗れる「第3のエコカー」として開発。エコ(エコロジー+エコノミー)&スマートをコンセプトに、新開発「イーステクノロジー」を採用。既存技術を徹底的に磨き上げ、エネルギー効率の最大化を図ることで、約40%の燃費向上を実現。2WD全車で、JC08モードで30km/リットルというガソリン車トップの低燃費で、全車、エコカー減税の75%軽減レベルに適合している。

外観は、スマート・エコスタイルをデザインコンセプトに、無駄を廃したシンプルでクリーンな造形により、合理的・知的なエコイメージを感じさせる先進的でいきいきとしたスタイリングを採用。

インテリアは、シンプルで合理的なデザインの中に上質さ、新鮮さを表現。インストルメントパネルは、ベージュとブラックのツートーンインパネを採用。独立したセンタークラスターとエッジを効かせたキャラクターラインにより質感と新鮮さを表現している。

また、部材配置・形状・材料選定を徹底的に見直し、品質面・原価面で、最も素質の良い図面を追求。車両特性に相応しいサイズ・機能・品質など、仕様を一から見直すことで、部品点数の削減や軽量化による原価低減を図り、79万5000円からという低価格を実現した。

ダイハツ・ミライースL ダイハツ・ミライースG ダイハツ・ミライースG ダイハツ・ミライース。エンジンをより効率よく。 ダイハツ・ミライース。CVTの効率もアップ。 ダイハツ・ミライース。消費電力を抑える。 ダイハツ・ミライース。減速エネルギーで集中充電。 ダイハツ・ミライース。ハイテン材で車体を軽く。 ダイハツ・ミライース。自発行式デジタルメーター。 ダイハツ・ミライース《撮影 宮崎壮人》 ダイハツ工業の伊奈功一社長《撮影 宮崎壮人》