シトロエンDS4《撮影 青山尚暉》

クーペとSUVのクロスオーバー…。なんてもうめずらしくもないが、『C4』をベースにショーティ&ワイドなプロポーションを与えられた、SUV風味の超個性派モード系プレミアムモデルがシトロエン「DS」シリーズ第2弾となる『DS4』。

とくにリヤドアの存在を消し去るような内蔵ドアオープナーの処理はクーペルックへの強いこだわり。とにかく内外装ともにカッコ良すぎ! ちなみにリヤサイドウインドーはハメ殺しで昇降せず。リヤドアデザインを見れば、どうやってもウインドーは下がりませんね。

グレード、エンジンは2タイプ。「シック」は1.6リットルターボ、156ps+6速EGS(2ペダルマニュアル)に17インチタイヤの組み合わせ。上級の「スポーツシック」は1.6リットルターボ、200ps+6MTに18インチタイヤという組み合わせだ。

ズバリ、フランス車初心者を含めた一般的なユーザーに薦めたいのはシックのほう。スポーツシックは素晴らしく速く、クラッチは軽く、MTのシフトフィールも悪くないものの、乗り心地がフランス車への期待値からすると硬すぎ。山道で右へ左へステアリングを切るようなシーンでは足が突っ張る感じで走りにくかったりする。シートは革張りでデザインも抜群だが、後席はお尻がズルズル滑りやすい。

一方、シックは156psでも十分に速く、下からのトルクも不足なし。とにかく走りは軽やかで気持ち良く爽快で、足回りはフランス車、シトロエンに期待するしなやかさを持ち合わせ、乗り心地はもう快適そのもの。結果的に飛ばしたときに走りやすい。

EGSはオートモード(A)だと1-2速の変速で船を漕ぐような感じになりがちだが、気になるのはそこだけ。もちろん、パドルシフトによるマニュアル操作を行えばずっとスムーズに走れる。

最後に愛犬家としてDS4で嬉しかったのは、アクセサリーカタログにペット用品がふたつラインナップされていること。犬が自ら飛び乗れるのは後席のほうだが、そこに敷くペットシートカバーと、荷室と後席を仕切るドッグネットが用意されているのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
ペットフレンドリー度:★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。ペット(犬)、海外旅行関連の書籍、ウェブサイトも手がける。

ドイツ車っぽい(?)リヤコンビランプ《撮影 青山尚暉》 クーペを思わせるスタイリング。リヤドアのドアオープナーはドア後端に隠れている。《撮影 青山尚暉》 価格はシック:309万円。スポーツシック:345万円。スポーティなエクステリアパーツとツートーンレザーシート採用のパッケージOPも用意。《撮影 青山尚暉》 ショーティ&ワイドなプロポーションを強調する大口なフロントグリル。《撮影 青山尚暉》 アーティスティックな空間にもも似合うSUVスタイリング。泥臭さなど皆無。フロントウインドーは前席乗員の頭上まで覆う。サンバイザー付き。《撮影 青山尚暉》 洗練されたインテリア。インパネには柔らかな手触りのスラッシュスキンが使われている。アイポイントはC4より33m高く、視界は爽快。《撮影 青山尚暉》 EGSのセレクターレバー。R-N-A-Mの4ポジション。Nでスタートできる。《撮影 青山尚暉》 メーターはオシャレなデザインながら、日光があたると見にくくなる。《撮影 青山尚暉》 後席はC4より頭上空間の余裕があるものの、膝回り空間はやや狭い。身長172cmのドライバー背後で頭上に130mm、膝回りに150mm。本革シートは滑りやすい。《撮影 青山尚暉》 荷室は開口地上高760mm、幅1045mm、奥行き820mm。《撮影 青山尚暉》 メーターの文字は小さめ。下部にギヤ表示と平均燃費計などを示すインフォメーションがある。《撮影 青山尚暉》 DSシリーズはこのエンブレムだけでもカッコいい。《撮影 青山尚暉》 ワイドな車幅はC4より広い1810mm。《撮影 青山尚暉》 純正のペットシートカバー 純正のドッグネット