武藤英紀(インディジャパン)

インディジャパン・ザファイナル決勝(18日)後、武藤英紀がコメント。「2周目にピットインする変則的な作戦は上手くいったと思います。レッドタイヤに履き替えてギャップは詰めていけましたから」。

「2回目のピットストップの目前でピットがクローズされたのは痛かったです。もうピットに進路を取っていたので入るしかなく、そのまま(ピットを)スルーしました。そこから集団から抜け出せなくなりました」

「それまでのペースは悪くなかったんです。集団の中で上手くリズムをつかめなかった。マシンのバランスは良かったので残念です。日本のファンに申し訳ない気持ちです。そして、支援してくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです」

「4回出場したインディ・ジャパンではアメリカで成績が良かった年でも上手く結果を出せなかったりしました。でも、レースに挑む気持ちを教えてくれたのはインディ・ジャパンだったと思います。初めてここでインディカーというものを見て、そのスピードに魅了されたのを今でも良く覚えています」

武藤英紀(インディジャパン) 武藤英紀(インディジャパン)《撮影 重信直希》