アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11)

コンセプトカーの発表ではあるが、欧州では、約6年ぶりの復活となったアウディ『A2』。13日にドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11では、この『A2コンセプト』の詳細が公表された。

注目は、EVパワートレインの中身。モーターは最大出力116ps、最大トルク27.5kgmを発生。シングルスピードのトランスミッションを介して、前輪を駆動する。

二重構造のフロアに置かれる二次電池は、蓄電容量31kWhのリチウムイオンバッテリー。0-100km/h加速は9.3秒、最高速は150km/h(リミッター作動)、1回の充電で最大200kmが走行可能だ。

充電は、230Vソケットで約4時間。400Vの急速チャージャーで約1時間半。「ワイヤレスチャージング」と呼ばれる新方式も導入する。ボディには、アルミを主体にCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)が使われ、車両重量は1150kgと軽量に仕上げられた。

ボディサイズが全長3804×全幅1693×全高1494mmと、日本の5ナンバー枠に収まるコンパクトボディなのも、A2コンセプトの特徴。それでいて、大人4名がゆとりをもって乗車できる室内空間も備えている。まさに、日本サイズのEVコンセプトといえそうだ。

アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11) アウディA2コンセプト(フランクフルトモーターショー11)