リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11)

クロアチアのリマック・オートモビル社は13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11において、EVスーパーカーの『コンセプトワン』を初公開した。

コンセプトワンは、「世界初のEVスーパーカー」を掲げて開発。2ドア、2シーターのボディデザインも目を見張るが、やはり注目は、驚異的な出力を誇るEVパワートレインだろう。

前後アクスルにはそれぞれ2個ずつ、合計4個のモーターを搭載し、4輪を駆動。その最大出力は1088ps、最大トルクは387.5kgmと圧倒的だ。

二次電池は、蓄電容量92kWhという大容量のリチウムイオンバッテリー。重いバッテリーを積むにもかかわらず、カーボンファイバー製ボディにより車両重量は1650kgに抑えられ、0-100km/h加速2.8秒、最高速305km/h(リミッター作動)というパフォーマンスを発揮する。

また、1回の充電で、最大600kmを走行可能。このコンセプトワン、価格は公表されていないが、同社によると、88台を上限に生産され、2013年に市販に移されるという。

リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11) リマックオートモビル社のコンセプトワン(フランクフルトモーターショー11)