ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11)

13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11において、主力コンパクトカーの新型『i30』をワールドプレミアしたヒュンダイ。もう1台、同社のスポーツクーペ、『ベロスター』が欧州デビューを飾った。

ベロスターは2011年1月、デトロイトモーターショーで発表。斬新なスタイリングを持った2+2のスポーツクーペだ。ヒュンダイは「3ドアクーペ」と表現。その理由は、ボディサイドの片側だけに、後部ドアが装備されるからである。これは、MINI『クラブマン』と同様のアイデアだ。

エンジンは、ガンマと呼ばれる直噴1.6リットル直列4気筒ガソリン「GDI」。最大出力138ps、最大トルク22.5kgmを引き出す。トランスミッションは、6速MTと、ヒュンダイ初の6速デュアルクラッチ。米国EPA(環境保護局)高速燃費は17km/リットルで、ヒュンダイによると、ホンダ『CR-Z』よりも優れるという。

そんなベロスター、今回のフランクフルトが欧州初公開。欧州市場投入に関する正式なアナウンスはなかったが、ノーマルボディのホワイトと、フランクフルト用にデコレーションを施したグレーの2台を展示する力の入れようだった。

ベロスターは米国では2012年モデルとして、9月に発売。現地ベース価格は1万7300ドル(約133万円)とコストパフォーマンスは高い。

ヒュンダイは、「ターゲットはMINI『クーパー』とフォルクスワーゲン『ザ・ビートル』」と宣言しているだけに、ベロスターの欧州投入の可能性は十分あるといえそうだ。

ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11) ヒュンダイ ベロスター(フランクフルトモーターショー11)