世界最小・最高発電効率を持つエネファームを発売 JX

JX日鉱日石エネルギーは、原行の家庭用燃料電池のPEFC型エネファームと比べて容積比で約40%小型化しながら定格発電効率45%を実現した世界最小サイズで世界最高の発電効率を持つ『SOFC型エネファーム』を10月17日から発売する。

東日本大震災を機に、節電対策や停電への備えなど、エネルギーに対するセキュリティ対策のニーズが高まっている。

今回市販するSOFC型エネファームは、電解質にセラミックを使うことで発電効率を高めた。セルに貴金属が不要なため、コストを抑制できる。発電効率を高めて省エネに貢献するのに加え、太陽光発電システムと組み合わせたダブル発電によって経済性(売電量の増加)、CO2排出量の削減をより高めることが可能となる。

販売する機種はLPガス仕様と都市ガス仕様で、価格は工事費別で270万円。北海道と沖縄を除く全国で販売する。

SOFC型エネファームの発売では、モニターとして設置後の運転データを提供できる人270人に優先的に販売する。モニター以外での納入は2012年1月頃の予定。