オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11)

GMの欧州部門のオペルは13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11に、EVコンセプトカーの『RAK e』を出品した。

同車は、2シーターの斬新なデザインのEVシティコミューターの提案。ボディサイズは全長が約3000mm、全高が1190mm。全幅は公表されていないが、リアのトレッドが600mmというから、非常にスリムな車体を持つ。シートレイアウトは、前後に乗員が座るタンデム方式だ。

モーターは最大出力49psを発生。二次電池は蓄電容量5kWhだ。車両重量はわずか380kgに抑えられ、0-100km/h加速13秒以下、最高速120km/h、1回の充電での最大航続距離100kmという性能を実現する。

オペルは、100km走行に必要なコストは1ユーロ(約106円)と試算。同社はRAK eの考え方を反映した市販EVを将来、主に免許を取得したばかりの若いドライバーを対象に販売する計画だ。その場合、「最高速を45km/hに制限することも可能」と説明している。

オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11) オペルRAK e(フランクフルトモーターショー11)