今年8月下旬、長野県諏訪市内の市道で45歳の男性がひき逃げされ、死亡した事件について、長野県警は12日、同市内に在住する48歳の男をひき逃げ容疑で逮捕した。第1発見者として警察に通報したが、その後の調べで直接の当事者と判明したという。

長野県警・諏訪署によると、問題の事故は2011年8月29日の午後0時5分ごろ発生している。諏訪市豊田付近の市道で、自転車乗車中に丁字路交差点近くで単独転倒したとみられる45歳の男性が車道に投げ出されたところ、進行してきた乗用車にはねられた。男性は近くの病院へ収容されたが、上半身の強打が原因でまもなく死亡した。

現場には48歳の男が残り、第1発見者として警察に通報。接遇した署員に対しては「倒れていた男性を避けて通った」、「自分はひいていない」などと供述していた。

警察は容疑車両は逃走したものと判断し、死亡ひき逃げ事件として捜査を開始したが、その後の調べで通報者の男が事故を起こした可能性が高くなり、車両検証を実施。クルマに付着していた遺留物から容疑車両と断定。12日までに男を自動車運転過失致死容疑で逮捕した。

調べに対して男は「自分はやっていない」として容疑を否認している。警察は事故後も男が現場に留まっていたことを考慮。ひき逃げの適用については慎重に判断する方針だ。