NTNは15日、同社の鈴木泰信会長が、フランス政府からレジオン?ドヌール勲章シュヴァリエを受章したと発表した。

叙勲式は、政財界トップをはじめ約120名の臨席のもと、フランス大使公邸で行われ、フランスから来日したベルナール?アコワイエ国民議会議長より勲章が授与された。

レジオン?ドヌール勲章は、1802年にナポレオン?ボナパルトによって創設されたフランスの最高国家勲章。文化?科学?産業?商業?芸術等の分野で、同国に多大な貢献をした人物に対し、フランス大統領の決定のもとフランス政府から授与されるもの。

NTNは、2007年よりフランスのSNR社に資本参加し、自動車用商品をはじめ、鉄道事業や風力発電機向けなどの商品開発のイノベーションを加速することで事業を大幅に拡大。日仏産業界の関係強化への貢献が高く評価され、今回の受章となった。