シボレー・コルベット・グランド・スポーツ

日本公開が近づく映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』。スタッフが劇中で走らせた車のいくつかをここで紹介しよう。映画は9月23〜25日が先行上映、10月1日が本格公開だ。

度肝を抜くアクションを成立させるため、製作陣は『デス・レース』や『バンテージ・ポイント』の大胆なカー・アクションの仕掛け人であるスピロ・ラザトスに第2班(カーアクション担当)の監督を任せ、ベテランのスタント・コーディネイターであるジャック・ギルをサブとしてつけた。

シボレー・コルベット・グランド・スポーツ(1966年型)---アメリカの代表的なスポーツカー、シボレー『コルベット・スティングレー』のチューンドカー。 ボディは軽量グラスファイバー製で、エンジンはレーシングスペック「Z06」をベースに、さらにチューンアップされたモデル。劇中で列車強盗のターゲットとなる車両はエクステリアを大幅に改造されている。

アーメット・アーマードビークル・グルカLAPV ---アメリカで防弾車など特殊車両のスペシャリスト、アーメット社の最新モデル。フロア下部を含めボディ全面を爆発保護材で被われており、フロントは二重構造の防弾仕様。実戦向け戦闘車両として徹底した装備をもつ。世界中の犯罪者に恐れられる凄腕FBI特別捜査官、ホブスが乗る。ホブスを演じるのは元プロレスラー、ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンだ。

ダッジ・チャージャー警察仕様(2011年型)---主人公ドムの愛車は古いチャージャーだが、最新型が敵役の警察車両として登場する。ホイール形状からハイパフォーマンスグレードの「SRT8」と思われる。フロントには衝突ショックからボディを守る大きなバンパーガードを装備するのが特徴で、パトロールライトは薄型で空力を考慮している。実は劇中の旧型チャージャーもこれと同じ現行型を改造したものなのだ。

シボレー・コルベット・グランド・スポーツ シボレー・コルベット・グランド・スポーツ アーメット・アーマードビークル・グルカLAPV。リオの町中にて アーメット・アーマードビークル・グルカLAPV アーメット・アーマードビークル・グルカLAPV ダッジ・チャージャー、ブラジル警察仕様 ダッジ・チャージャー、ブラジル警察仕様 ダッジ・チャージャー、ブラジル警察仕様