新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11)

13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11。韓国ヒュンダイのブースの主役は、欧州主力コンパクトカー、『i30』の新型だ。

初代i30は、2007年に欧州市場へ投入。累計セールスは36万台を超えているヒュンダイの欧州ベストセラー車だ。2010年だけでも、年間11万5000台以上を販売。欧州新車市場で最も激戦区とされ、フォルクスワーゲン『ゴルフ』やルノー『メガーヌ』などの競合車がひしめくCセグメントにおいて、6位という結果を残した。

2代目となる新型は、同社のデザイン言語、「fluidic sculpture」をさらに発展させ、存在感のあるフォルムを構築。ボディサイズは、全長4300×全幅1780×全高1470mm、ホイールベース2650mmだ。インテリアは、クラス水準を上回る質感と、充実した装備が追求された。

エンジンは、ガソリン、ディーゼル合計6ユニットを用意。中でも、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼルの「ブルードライブ」仕様は、アイドリングストップ、低転がり抵抗タイヤ、オンデマンド制御のオルタネーターの採用などにより、CO2排出量100g/km以下という高い環境性能を実現する。

新型i30は2012年初頭、欧州主要国で販売開始。ヒュンダイモーターヨーロッパのアラン・ラシュフォースCOOは、「ヒュンダイの欧州におけるブランドイメージと販売実績をさらに引き上げるために、新型i30が重要な役割を果たすだろう」と述べている。

新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11) 新型ヒュンダイi30(フランクフルトモーターショー11)