ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11)

ランドローバーが13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11で初公開したコンセプトカー、『DC100』。その中身は、『ディフェンダー』から大幅に進化している。

DC100は、ディフェンダーの後継車を示唆したコンセプトカー。現行ディフェンダーは1983年に発表。ランドローバーの第1号車として1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぎ、高い悪路走破性を第一に追求したモデルだ。その無骨なまでのフォルムと卓越したオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されている。

ランドローバーは今回、DC100のスペックを公表。ボディサイズは全長4472×全幅1967×全高1833mm、ホイールベース2547mmと明かされた。オフロード走破性に重要なアプローチアングルは29.3度、デパーチャーアングルは38度だ。

またパワートレインには、2.0リットル直列4気筒ディーゼルにモーターを組み合わせたハイブリッドを採用。オープンボディの『DC100スポーツ』では、そのガソリンエンジン版を搭載する。どちらも、プラグインへの発展を可能にしている。

トランスミッションは8速AT。アイドリングストップ機能を組み込んだ。川を渡る際などに水深をドライバーに知らせるソナーシステム、次世代テレインレスポンスシステムなど、オフロード走破性を高める先進装備が満載だ。

なおこのDC100、あくまでデザインスタディ的モデル。ディフェンダー後継車の市場投入は2015年の予定だが、ランドローバーは「未来のディフェンダーのあり方について、多くの人々と議論を重ねていきたい」とコメントしている。

ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11) ランドローバーDC100(フランクフルトモーターショー11)