トヨタ・プリウス(PHV、欧州仕様。フランクフルトモーターショー11)《撮影 土屋篤司》

トヨタ自動車は13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11において、『プリウス』の2012年モデルを初公開した。

現行の3代目プリウスは2009年1月、デトロイトモーターショーで発表。デビューから2年半が経過したが、エクステリアにまで手を加える改良は、今回が初めてだ。

改良の内容は、内外装のリニューアルが中心。外観は、フロントバンパーを一新した。開口部を大きく取り、デイタイムランニングライトを内蔵。ヘッドライトも、クリアレンズの新デザインに改めた。テールランプのデザインも新しい。

インテリアは、基本カラーをダークグレーからブラックへ変更。センターコンソールも新デザインとなり、シルバーの装飾パネルが追加された。プッシュスターターは、ハイブリッドをイメージさせるブルーに。マルチインフォメーションディスプレイは、最新のVFD式を採用する。

ハイブリッドシステムに変更はない。欧州仕様の場合、欧州複合モード燃費は25.64km/リットル、CO2排出量は89g/kmと公表されている。

トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11) トヨタ・プリウス(欧州仕様。フランクフルトモーターショー11)