ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11)

ドイツで13日に開幕したフランクフルトモーターショー11。英国ジャガーカーズのハイライトは、市販前提のハイブリッドスポーツカーコンセプト、『C-X16』だ。

このC-X16を、同じく今回のフランクフルトモーターショーでデビューを飾った新型ポルシェ『911』と比較すると、ジャガーの狙いが見えてくる。

C-X16のボディサイズは、全長4445×全幅2048×全高1297mm、ホイールベース2622mm。『XK』シリーズよりも、ひと回りコンパクトなジャガーだ。

一方、新型ポルシェ911は、「カレラ」グレードの場合、全長4491×全幅1808×全高1303mm、ホイールベース2450mm。C-X16は911よりも240mmワイドだが、全長は46mm短く、全高はほぼ同じだ。全幅を除けば、ほぼ911サイズといえる。

C-X16のエンジンは、新世代V型6気筒ガソリンをスーパーチャージャーで過給したユニット。3.0リットルの排気量から、最大出力380ps、最大トルク45.9kgmを引き出す。

新型ポルシェ911カレラは、直噴3.4リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力は350ps、最大トルクは39.8kgmだ。

C-X16は、ハイブリッドシステムを採用するのがアドバンテージ。モーターは、最大出力95ps、最大トルク24kgm。F1マシンのKERSと同様、モーターのパワーが、ステアリングホイールのスイッチ操作で必要な時に引き出せる「プッシュtoパス」を採用。0-100km/h加速は4.4秒、最高速は300km/hという優れたパフォーマンスを発揮する。これは、ポルシェ911カレラ(PDK)の0-100km/h加速4.6秒、最高速287km/hを凌ぐ性能だ。

ジャガーのスポーツカーの名車、『Eタイプ』の誕生50周年の節目に発表されたC-X16。現代のスポーツカーの代名詞、ポルシェ911を意識しているのは、間違いないところだろう。

ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11) ジャガーC-X16(フランクフルトモーターショー11)