【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps

フォルクスワーゲンは13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11において、「ポロR WRC」を披露した。モーターショーでは、初の展示となる。

フォルクスワーゲンは2013年から、WRC(世界ラリー選手権)に参戦する計画。そのために開発したのが、『ポロ』をベースにしたポロR WRCだ。

マシンは今年5月に初公開されているが、フォルクスワーゲンは今回のフランクフルトで、その詳細スペックを公表。直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力300ps、最大トルク35.7kgmを発生する。

駆動方式は、フルタイム4WD。マシンの最低重量は、WRCのレギュレーションにより、1200kgと定められた。

現在、ポロR WRCは、ドイツ・ハノーバーに本拠を置くフォルクスワーゲンモータースポーツが開発テストを担当。南アフリカからスカンジナビア半島まで、厳しい路面コンディションで開発テストに取り組んでいるという。

【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps 【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps 【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps 【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps 【フランクフルトモーターショー11】VW ポロ にWRCマシン…最大出力300ps