マツダCX-5

13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11。マツダブースの主役は、新型コンパクトクロスオーバーの『CX-5』だ。

今回、マツダはCX-5のスペックを初公開。まずボディサイズは、全長4540×全幅1840×全高1670mm、ホイールベース2700mmと公表された。

ホンダ『CR-V』の全長4565×全幅1820×全高1690mm、ホイールベース2620mmと比較すると、マツダCX-5は25mm短く、20mmワイドで、20mm背が低い。両車は、ほぼ同じサイズといえる。

大きな違いとして指摘できるのは、CX-5のホイールベースがCR-Vよりも80mm長いという点。マツダは、「2700mmのクラス最長レベルのホイールベースの効果で、後席レッグルームはクラストップの997mmを確保した」と説明している。

また、日本仕様にも搭載されると予想される新型直噴ガソリンエンジン、「SKYACTIV-G 2.0」のスペックも判明。この2.0リットル直列4気筒エンジンは、最大出力165ps/6000rpm、最大トルク21.4kgm/4000rpmを発生する。マツダによると、低回転域から豊かなトルクを生み出すという。

このエンジンは、燃費性能も優秀。駆動方式FF、6速MT、アイドリングストップの「i-stop」仕様の場合、欧州複合モード燃費16.7km/リットル、CO2排出量139g/kmという高い環境性能を標榜している。

マツダは今回のフランクフルトの会場に、イメージカラーのブルーだけでなく、シルバーのモデルも展示。日本仕様は、12月の東京モーターショーでの披露が有力だ。

マツダCX-5 マツダCX-5 マツダCX-5 マツダCX-5 マツダCX-5 マツダCX-5