米フィスカーオートモーティブのサーフ

米国のフィスカーオートモーティブは13日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー11において、新型車の『サーフ』を初公開した。

同車は、エンジン併用型のレンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツカー、『カルマ』続く同社のEV第2弾。カルマのコンポーネントをベースに開発されたコンセプトカーだ。

そのフォルムは、カルマのボディをリアへ伸ばし、荷室を持たせたシューティングブレークといえるもの。カルマの4シータースポーツという性格に、高い機能性を追加したのが、サーフと受け取れる。

パワートレインの詳細は明かされていないが、カルマ用と同じだとすれば、2個の強力なモーター(最大出力403ps、最大トルク132.6kgm)を搭載し、約80kmのゼロエミッション走行が可能。

バッテリー残量が少なくなると、GM製の直噴2.0リットル直列4気筒ターボエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、最大航続距離は約480kmまで伸びる。二次電池は、蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリーだ。

サーフは2013年モデルとして、世界市場へ投入予定。同社のヘンリック・フィスカーCEOは、「サーフは環境に配慮しながら、アクティブなライフスタイルを実践し、美しい車に乗りたいという顧客のための車」とコメントしている。

米フィスカーオートモーティブのサーフ 米フィスカーオートモーティブのサーフ 米フィスカーオートモーティブのサーフ 米フィスカーオートモーティブのサーフ 米フィスカーオートモーティブのサーフ 米フィスカーオートモーティブのサーフ