新型フォード フォーカスST

フォードモーターは13日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー11において、新型『フォーカス』シリーズの高性能バージョン、『フォーカスST』の市販モデルをワールドプレミアする。

新型フォーカス STは2010年秋、パリモーターショーにコンセプトカーとして登場。それから約1年間、ハンドリング性能などを煮詰めて、今回、市販モデルの発表に至った。

先代フォーカスSTは、ボルボ用をベースとする2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ(最大出力225ps)を搭載。一方新型は、フォードの新世代ガソリン直噴エンジン、「エコブースト」にエンジンを切り替える。

新型フォーカス ST用のエコブーストは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。先代よりも排気量を500cc縮小しながら、最大出力250ps、最大トルク36.7kgmと、先代比で10%以上のパワーアップを成し遂げた。

環境性能の高さも、エコブーストの大きな特徴。燃費やCO2排出量の詳細データは開示されていないが、フォードによると、環境性能は先代比で20%以上改善しているという。

足回りは、車高を低めた専用サスペンションや強化ブレーキを採用。ハンドリングは、フォード社内の「チームRS」(欧州)と「SVT」(米国)が共同開発を担当。ドイツのニュルブルクリンクやアウトバーンで、走行テストを繰り返し、スポーティな走行性能が追求された。

新型フォーカスSTは2012年、世界の約40市場へ投入。日本への導入は、現時点では未定である。

新型フォード フォーカスST 新型フォード フォーカスST 新型フォード フォーカスST