トヨタ・フォーチュナー

トヨタ自動車のインドネシアにおける車両生産会社、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・インドネシア(TMMIN)は、カワラン第2工場を建設することを決定した。

第2工場は既存の第1工場の隣接地へ新たに建設するもので、生産能力は7万台。2013年の年初より新たな車種を生産する予定という。第2工場建設に伴う投資額は263億円を見込んでおり、新規雇用も予定している。

第1工場の生産能力は、年間11万台。『キジャンイノーバ』と『フォーチュナー』を生産し、インドネシア国内での販売だけでなく、タイ、南アフリカなどにも輸出している。

2013年には、両工場合わせた総生産能力は18万台に達する。