フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト

トヨタ自動車は13日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー11に、『FT-86 IIコンセプト』を出品する。

トヨタは2009年秋の東京モーターショーにおいて、『FT-86コンセプト』を初公開。同車はその後、2011年3月のジュネーブモーターショーで、『FT-86 IIコンセプト』に進化。そして、4月のニューヨークモーターショーでは、米国トヨタの若者向けブランド、サイオン版が披露された。

今回のフランクフルトに出品されるのは、基本的にジュネーブでの『FT-86 IIコンセプト』と共通。ただしボディカラーは、従来なかったオレンジメタリックで仕上げられている。

同車の市販版のデビューは、12月の東京モーターショー。スポーツカーらしいオレンジのボディカラーも、なかなかお似合いといえそうだ。

フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト《撮影 土屋篤司》 フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト《撮影 土屋篤司》 フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト《撮影 土屋篤司》 フレッシュなオレンジをまとったFT-86コンセプト《撮影 土屋篤司》