【スズキVW提携解消】鈴木会長「経営哲学を曲げてまで提携はできない」

スズキの鈴木修会長は12日、独フォルクスワーゲンとの提携解消について会見し、「自分の経営哲学を曲げてまで提携を続けることはできない」と強い口調で述べた。

鈴木会長の経営哲学は、他社に影響を受けずに自主独立を貫くこと。提携をしても、お互いに迷惑をかけないということだ。「親戚付き合いをするけれども、依存するということは考えていない。VWの連結対象になるのを避けたのは相手の業績に迷惑をかけないためだ」と話す。

VWに19.89%の株式しか渡さなかったのもそんな理由からだ。「それをグループに入って、俺のいうことを聞けというんだったら、初めから50%を渡している」と強調。

鈴木会長は、2009年12月に提携を結んだ際、そのことを何度も確認したので、VW側がその哲学を理解してくれているものと思っていた。

ところが、だんだんと変わっていき、VWはスズキを支配しうる会社と位置づけた。これに激怒したスズキ首脳は次第にVWと距離を置くようになり、今回の提携解消会見につながった。その裏には、自分たちでコツコツやりながら今日の企業規模になったという自負もある。

【スズキVW提携解消】鈴木会長「経営哲学を曲げてまで提携はできない」