日産 新型急速充電器≪撮影 小松哲也≫

日産自動車が12日公開した電気自動車用の新型急速充電器には、従来型のように給電ケーブルに直接触れないで充電できるよう「イージーグリップ」と名付けた取っ手が新たに加えられた。

急速充電器の開発にあたった日産の門田英稔チーフビークルエンジニアは「ケーブルは泥がついたりしてどうしても汚れる。このためケーブルを(直接)つかむと何かと手が汚れてしまう。また、持ってみると125A流れるので結構太い。このためイージーグリップをつかんで、うまく操作できるよう配置した」と、取っ手を新たに加えた経緯を語った。

イージーグリップはケーブルのほぼ中ほどに配置されているが、「小さい子供にも色々やってもらって、女性から子供まで操作しやすいような高さに設定した」という。さらに門田氏は「シンプルだが結構エンジニアとしては考えた。自動車を評価している連中が、これも評価してくれている」と満足げだった。

日産・門田英稔チーフビークルエンジニア≪撮影 小松哲也≫ 日産 新型急速充電器≪撮影 小松哲也≫