新型スズキ・スイフトスポーツ(欧州仕様)

スズキは新型『スイフトスポーツ』を、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー11でワールドプレミアする。そのスペックと新しいオフィシャル写真が公表された。

新型のハイライトが、スイフトスポーツ専用のM16A型ガソリンエンジンの進化だろう。可変吸気システムの追加やバルブリフト量の引き上げなどにより、最大出力は136ps/6900rpm、最大トルクは16.3kgm/4400rpmを獲得。先代の欧州仕様比で、11ps、1.2kgmの性能向上を実現する。

それでいて、欧州複合モード燃費は15.6km/リットル、CO2排出量は147g/km。先代に対して、11〜12%の環境性能向上を成し遂げた。これは、マニュアルトランスミッションが、先代の5速から6速になった効果も大きい。

また、ボディサイズは、全長3890×全幅1695×全高1510mmと公表。日本では5ナンバー枠に収まるサイズを維持している。

新型スズキ・スイフトスポーツ(欧州仕様) 新型スズキ・スイフトスポーツ(欧州仕様) 新型スズキ・スイフトスポーツ(欧州仕様) 新型スズキ・スイフトスポーツ(欧州仕様)