枝野幸男新経産相《撮影 中島みなみ》

枝野新経産相の起用について12日午後、藤村修官房長官は「拝察するに『即戦力』。先般まで官房長官の要職にあり、3・11以降全体的な復旧復興に止まらず、福島県の問題にも携わってきた実績が買われた」と、述べた。

枝野氏には11日に打診し、その日のうちに内諾を得たという。

野田政権は「福島の再生なくして日本の再生再生なし」をスローガンに掲げているため、枝野氏の起用はその方向性を裏打ちするものとなる。藤井氏は「原発問題にも途切れなく携わっていけるということで任命された。国会が明日からというより、できるだけ切れ目なくという判断だった」と、話した。

また、野田首相は民主党の幹事長である輿石東氏にも連絡を入れて、枝野氏の起用を伝えた。輿石氏は12日の会見で「総理自身が適任と選任していただいたし、いい人選だと思う」と、評価。前政権執行部からの就任についても「総理と私の意見は一致した」と、挙党体制を強調した。