ヤマハ PAS VIENTA≪撮影 小松哲也≫

ヤマハ発動機の小林正典執行役員は15日に発売するスポーツタイプの新型電動アシスト自転車『PAS VIENTA』について「何事にも積極的でアクティヴな女性の期待に応えられるのではないか」との期待を示した。

小林執行役員は9日都内で開いたPAS VIENTAなどの試乗会で国内の電動アシスト自転車市場について「ほとんどが軽快車、シティ車と呼ばれる一般的なタイプ自転車が中心になっている。そのような中で2008年に発売した『PAS Brace』、09年には『PAS Brace L』へとモデルチェンジしてきたこれらのモデルは、スポーティで走りを楽しめる商品として、またヤマハらしい商品として高い評価を得た」と述べ、新たなジャンルを切り開いたことを強調した。

その上で「そしていよいよ女性ユーザーを強く意識したPAS VIENTAを新たに加えることになった」と導入の背景を語った。さらに「このところ“歴女”であったり、山や釣り、写真、スポーツ自転車など非常に行動力に富んだ女性が話題を喚起し、新たな市場も生み出している。VIENTAについても同じように女性の期待に応えられるのではないか」との考えを示した。

ヤマハ発動機・小林正典執行役員≪撮影 小松哲也≫