パテント・リザルトは、リチウムイオン二次電池 電極用集電体、及びその皮膜や表面処理の技術について、参入企業に関する調査を実施。その結果を「特定技術分野の競合分析:リチウムイオン二次電池 電極集電体」にまとめた。

電極集電体は、リチウムイオン二次電池の容量や安定性などの特性を引き出す上で重要な役割を持つ。今回の調査では、リチウムイオン二次電池 電極集電体関連の特許を集計し、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに特許の質と量から総合的に見た評価を行った。

結果、「総合力ランキング」では、1位が三洋電機、2位がトヨタ自動車、3位が三井金属鉱業となった。

1位となった三洋電機は他社と比較した場合、国際出願や分割など「自社による出願意欲の高さ」に関する項目のほか、他社特許の拒絶査定に引用された件数や閲覧回数など「他社牽制力」に関する項目の割合も高く、こうした結果が総合力1位に結び付いたと言える。

また、2位のトヨタ自動車は、集電体自体の特許が非常に多く、またその評価が高いということが特徴。同社はリチウムイオン二次電池を内製していることが知られているが、電極集電体自体についても高い技術を持っていることが伺える。