ゴルフカブリオレ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは9月8日、『ゴルフ』のオープンモデル「ゴルフカブリオレ」を10月1日より販売開始すると発表した。新型ゴルフカブリオレは、1979年に登場した初代から数えて4世代目、2002年に販売終了した3代目からおよそ10年ぶりの復活となる。

最新世代のゴルフをベースに、新開発のフルオートタイプのソフトトップを採用。低速走行時(30km/hまで)にも動作可能で、開閉時間はそれぞれ9.5秒(開)/11秒(閉)を実現。また、トランク容量は開閉に関わらず250リットルを確保した。

さらに、最新のロールオーバープロテクションシステムを採用。ロールオーバーバーが不要となり、フルオープン時にもスタイリッシュでクーペライクなデザインを実現している。

搭載されるエンジンは1.4リットル直列4気筒「TSI」。10・15モード燃費は15.4km/リットルを実現。エコカー減税(50%減税)対象車となっている。

価格は399万9000円。

ゴルフカブリオレ ゴルフカブリオレ ゴルフカブリオレ日本発表会《撮影 宮崎壮人》 ゴルフカブリオレ日本発表会(東京ミッドタウン)《撮影 高木啓》 ゴルフカブリオレ日本発表会《撮影 宮崎壮人》 ゴルフカブリオレ日本発表会《撮影 宮崎壮人》 ゴルフカブリオレ日本発表会《撮影 宮崎壮人》 フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン、ゲラシモス・ドリザス社長《撮影 宮崎壮人》