BMWの新ブランド「i」のEV、i3コンセプト

BMWが立ち上げた新ブランド、「i」の第1号車として、2013年に欧州で発売される『i3』。同車の価格に関して、BMWのトップが興味深い発言を行った。

これは5日、ドイツのメディア、『Handelsblatt』が報じたもの。同メディアの取材に応じたBMWグループのノベルト・ライトホーファー会長は、i3の欧州価格について、「BMW『5シリーズ』よりも安くするつもりだ」と語ったという。これを受けて同メディアは、「i3の価格は4万ユーロ(約435万円)以下になる」と予想したのだ。

ちなみに、EVで先行する日産自動車の『リーフ』の英国ベース価格が、2万8350ポンド(約350万円)。一方、GMのシボレー『ボルト』のオペル版、『アンペラ』のドイツベース価格が4万3000ユーロ(約465万円)だ。

このことから、i3はリーフよりは高く、アンペラよりは安いという価格設定で発売される可能性が出てきた。軽量化を推進するため、カーボンファイバーを多用するi3だが、果たして、この予想価格は高いのか、安いのか?!

BMWの新ブランド、「i」のi3コンセプト BMWの新ブランド、「i」のi3コンセプト i3の価格に関するBMW会長の発言を伝えた独『Handelsblatt』