いすゞの路線バス、燃料が漏れる

いすゞ自動車は7日、路線バス『エルガ』『エルガミオ』および日野ブランドの『レインボー2』3車種のコモンレールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2004年8月20日〜11年8月8日に製作された6041台。

コモンレール式燃料噴射装置のコモンレールの材質と加工不良により強度が低下し、亀裂が生じて燃料が漏れるおそれがある。

全車両、コモンレールの製造番号を確認し、対象となるモノは良品と交換する。

不具合発生件数は17件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。