改善箇所説明図

東急車輌特装は6日、タンクローリーのアルミ合金製クロス配管に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2005年3月25日〜11年4月12日に製作された115台。

アルミ合金製クロス配管の耐久強度が不十分なため、荷下ろしポンプ使用時の内圧により亀裂が発生し、積載物品が漏れるおそれがある。

全車両、アルミ合金製クロス配管を対策品に交換する。

不具合発生件数は1件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。