【フランクフルトモーターショー】デンソーが「つなぐ」をテーマにした最新技術を紹介

デンソーは、ドイツ・フランクフルトで開催される「IAAフランクフルト国際モーターショー」に出展すると発表した。

今回は「人、クルマ、社会をつなぐ」をメインテーマに、デンソーの最新の技術や製品を紹介する。

メイン展示である体感型コックピット「レゾナンス2021」では、10年後の2021年のクルマ社会をイメージ。人とクルマ、クルマと社会、人と社会を「つなぐ」ことにより実現される運転の安心・安全と楽しさを紹介する。

具体的には自動車同士の接触や衝突のリスクを路車・車車間通信技術を活用して監視し、接触や衝突の恐れがある場合にはハンドルを振動させてドライバーに危険回避を促したり、緊急の際には強制的にハンドルを操作して事故を回避する機能を紹介する。

また、クラウドを使って最適ルートをリアルタイムで探索するスマートマップ機能や、ドライバーの嗜好、体調、昨日何を食べたか、どこに行ったかなどの生活情報をもとに、ドライバーに合ったオススメ情報をリアルタイムで収集・提案するツイートガイド機能などもアピールする。

また、レゾナンス2021以外の「つなぐ」製品・技術として、リモートタッチコントローラー、センシングシステム、インフラ協調システム、スマートフォン連携を紹介する。

さらに「電動化への対応」をサブテーマにハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車向けの技術のインバーター、電池監視ユニット、電動コンプレッサーなど、8製品を展示し、電動化の時代を見据えた技術を紹介する。