東芝は、原子力発電大手で子会社のウェスチングハウスへの出資比率を87%に引き上げると発表した。

米国大手エンジニアリング会社ショー・グループの100%子会社であるニュークリア・エナジー・ホールディングスが保有するウェスチングハウスの全持分の株式20%分を取得する。株式取得時期は同社による所定の手続きを経て確定するため、現時点では未定。

東芝は2006年10月にウェスチングハウスを買収後、米国と中国で次世代型加圧水型原子炉『AP1000』の建設を10基受注するなど順調に事業を拡大していた。しかし、福島第一原発の影響でドイツが「脱・原発」を決めるなど、原発ビジネスの先行きは不透明だ。

ウェスチングハウスの事業は日本以外が中心で、米国・中国・英国・インド・ブラジル・東欧諸国などでは、エネルギー安全保障、気候変動抑制のための手段として引き続き原子力発電所建設を推進する姿勢が示されるなど、今後も、世界でAP1000の需要は増えると判断。東芝は出資比率を引き上げて原発ビジネスを加速させる。