同社従来製品(左)、色弱者の見た画像

アイシン精機は6日、駐車支援システム製品および周辺監視システム製品で、カラーユニバーサルデザイン(CUD)認証を取得したと発表した。色覚の個人差を問わず、多くのユーザーに見やすいよう配慮した色・デザインを実現している。

同認証は、NPO法人・カラーユニバーサルデザイン機構による認証で、色覚の個人差を問わず多くの人にとって見やすく、わかりやすい配慮をした製品に対して認定される。

色覚には個人差があり、同じ色でも人によって見え方が異なることがある。視力に影響しない先天的なものとして主にP型とD型の2種類があり、日本人では男性の約5%、欧米では全体の7-10%がP、Dどちらかの、色弱者と言われている。

同社では、2006年より社外機関と協力しながら、3色のガイドラインによって車両の後方駐車を支援するバックガイドモニターで研究・開発を進めてきた。

その結果、ガイドラインで色の識別性の高い組み合わせがわかり、現行(赤/黄/緑)から新色(黄みの強い赤/より濃い黄/青)に変更。また、線の幅を太くし、影を付与することで、ガイドライン自体の認識性を向上させた。

今回のCUD認証を取得した製品は、5日にトヨタ自動車が発表した新型『カムリ』のオプション品として搭載されている。

色弱者の識別できる色へ変更(左)、色弱者の見た画像