ホンダFCXクラリティ

水素供給・利用技術研究組合(HySUT)は、「第三者フリート走行実証実験」の概要を発表した。

第三者フリート走行実証は、自動車メーカーから提供されたFCVの運行をタクシー・ハイヤー会社に委託し、高速道路などを利用した営業運行を行うことで、普及期のFCV、水素ステーションの課題を確認していくもの。

HySUTは2011年度から新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から「地域水素供給インフラ技術・社会実証/技術・社会実証」の公募事業を受託した。成田空港を拠点にトヨタ、ホンダの燃料電池自動車(FCV)を活用した実証研究と、羽田空港を拠点とした日産自動車のFCVによる実証研究を行っている。

成田空港を拠点とする実験では、全日本空輸と松崎交通の協力を得て、全日本空輸の国際線旅客サービスの一環である「欧米路線お帰りハイヤーサービス」と「ジャカルタ路線早朝お迎えプラン」にFCVを使用している。トヨタの『FCHV-adc』は4月から運行を開始しており、ホンダの『FCXクラリティ』も9月5日から開始した。

羽田空港を拠点とする実験は、4月から全日本空輸とイースタンエアポートモータースの協力を得て、羽田空港利用者の送迎を中心とした一般のタクシー、深夜・早朝時間帯の全日本空輸の職員送迎用タクシーとして日産の『エクストレイルFCV』を使用している。

HySUTは、ハイヤー・タクシー事業者とその乗客にFCVを体験してもらうとともに、水素供給インフラのユーザー利便性、社会的受容性、事業成立性の課題を検証し、水素供給事業の基盤確立を目指す。

トヨタFCHV-adv 日産エクストレイルFCV