新潟原動機 新型舶用小型中速ディーゼルエンジン 17AHX

新潟原動機は、世界最高水準の低燃費を実現した新型舶用小型中速ディーゼルエンジン「17AHX」(500〜1125kW)を開発、試運転を開始した。

新開発エンジンは、2008年に開発した環境対応型舶用中速ディーゼルエンジン「28AHX」(2070〜3330kW)を小型化したエンジンで小型船舶、作業船の主機や市場の拡大が見込まれる電気推進船の発電主機として、年間50台の生産を目指す。

新型エンジンは、環境負荷低減と省エネの両立を目指して開発した「28AHX」の設計思想を継承、IMOのNOx二次規制対応と世界最高水準の低燃費を両立した。また、メンテナンスの容易性を重視し、シリンダユニットごとの分解・組立が可能でシリンダごとに分割可能のカム軸、分割構造の排気管、水平3分割の連接棒、フロントエンドユニットの採用など新技術を取り入れた。

さらにシリンダ数では列型の5、6、7、8、9シリンダの5シリーズ、回転数では毎分900〜1200回転のバリエーションがあり、燃料は軽油、A重油、C重油などを使用でき、顧客ニーズに柔軟に対応する。このため、舶用に加え陸用発電用としても使用可能。

同社は、1977年以来、韓国STXグループとディーゼルエンジンの技術供与契約を結んでおり、今回開発したエンジンも、6月29日に技術供与することで契約を締結している。STXはこの新開発エンジンを船舶用発電補機として販売することを検討している。