トヨタ自動車・米田啓一主査《撮影 小松哲也》

トヨタ自動車が5日発売した新型『カムリ』の開発を担当した製品企画本部製品企画部の米田啓一主査は、国内市場での競合車種について「探しかねる」との考えを明らかにした。

その理由として米田主査は「日産自動車の『ティアナ』とかホンダ『アコード』が競合になってくるかもしれないが、ハイブリッドを彼らはまだ持ってないので、正対抗とはなかなか言いづらい。ハイブリッドでこの車だと、多分、正対抗する競合は探しかねる」と述べた。

一方、ガソリン仕様の設定がある海外市場での競合車としては「アコード、日産『アルティマ』、ティアナ、フォード『フュージョン』、シボレー『マリブ』、ヒュンダイ『ソナタ』」を挙げた。

また車載電池に蓄えた電気を外部に供給する機能について米田主査は「今回は100V・1500Wは準備できていない。今後、検討していきたいと考えている」と語った。

新型トヨタ・カムリ《撮影 小松哲也》 新型トヨタ・カムリ《撮影 小松哲也》