東洋ゴム工業は、海外市場向けに輸出するタイヤの輸送用に45フィート国際海上コンテナの利用を日本で初めて本格的に開始すると発表した。

2010年11月16日から20日、同社の工場所在地である宮城県岩沼市と仙台塩釜港高砂ターミナル間の公道約30kmで45フィート国際海上コンテナに輸出用タイヤを積載したトレーラーで運行する実証実験を実施した。実用化に向けた諸条件や通行の安全性、輸送の効率化の確認、検証に協力してきた。

3月25日に政府が「みやぎ45フィートコンテナ物流特区」が構造改革特区として宮城県全域で認定、仙台塩釜港の復旧整備も急ピッチで進んだのを受けて45フィート国際海上コンテナ輸送の本格運用が可能となった。

同社は仙台工場で生産した海外向け出荷タイヤの物流で、日本で初めてとなる45フィート国際海上コンテナの運用を開始、輸送の効率化を図る。

今後も宮城県と協力し、同コンテナ運用拡大を図るとともに、産業物流の発展と輸送時のCO2排出量の削減を図るとともに、東北経済の中心地である仙台港の利用拡大を通じて東北経済の復興に寄与していく構え。