東芝は、住宅用太陽電池として世界最高となる最大セル変換効率22.6%、最大モジュール変換効率19.3%を実現した「住宅用太陽電池モジュール240W」を採用した太陽光発電システムを9月13日から発売する。

新システムは、米サンパワーの太陽電池モジュールを採用。このモジュールは「単結晶バックコンタクト方式」に、新たに反射による光の損失を減らす「反射低減コート付き強化ガラス」と、従来品と比べて受光面積を約3%拡大した直径160mmのセルを採用した。これによって240Wの高出力と住宅用太陽電池モジュールとしては、世界最高の最大モジュール変換効率19.3%を実現した。

住宅用太陽電池モジュール240Wは、面積あたりの発電量が多いため、設置面積の省スペース化が図れ、同じ面積の屋根に設置した場合、一般的な発電効率の太陽電池モジュールに比べ年間約40%も多くの発電量が得られる。国内で導入されている住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度の活用で、より多くの光熱費を削減することが可能。

同社は今後、パワーコンディショナなど、住宅用太陽光発電システムを構成する機器のラインアップも拡大して、住宅用太陽光発電システムの拡販を図り、2012年度に国内シェア10%を目指す。