FCXクラリティを成田空港のハイヤーサービスに提供

ホンダは、水素供給・利用技術研究組合(HySUT)からの要請に応え、成田国際空港を拠点とするハイヤー走行実証実験に燃料電池電気自動車『FCXクラリティ』を提供すると発表した。

提供するFCXクラリティは、全日本空輸(ANA)が国際線旅客サービスのハイヤー車両として9月5日から運用を開始している。

FCXクラリティは、燃料電池電気自動車専用のデザイン、パッケージとして独自開発されたモデル。走行中にCO2を全く排出しない究極のクリーン性能に加え、クルマとしての新しい価値と魅力を、ハイヤーサービスの利用者に体感してもらう。

ホンダはハイヤー走行実証実験を通じて得られた様々なデータ活用し、燃料電池電気自動車の普及と量産化に向けた開発につなげる。

FCXクラリティを成田空港のハイヤーサービスに提供 FCXクラリティを成田空港のハイヤーサービスに提供