ハイブリッド

2気筒となったことでエンジン長が抑えられ、横置きFFでもエンジンルームにはスペース面での余裕が生まれたフィアット『500ツインエア』。FPT社では、純粋なガソリンエンジン車だけでなく、モーターを追加したハイブリッド車も開発を続けていると言う。

それはデュアルドライクラッチを採用したAMTと組み合わされたストロングハイブリッドで、現在のツインエアと比べCO2排出量を20%も削減できるそうだ。

生産技術部門ガソリンエンジン担当チーフエンジニアのヴィットリオ・ドリア氏によれば、「すでにNA版ツインエアの65psバージョンに20kWのモーターを組み合わせた試作車は完成しており、様々なテストを続けている状態です」とのこと。

しかし、同社はEVやハイブリッドの本格普及にはまだ慎重な見方をしており、欧州ではハイブリッド化によるコスト増をユーザーが受け入れてくれるようになるには、まだ時間がかかると予測している。

それよりも現実的な手段としてFPT社が着目しているのはCNG(天然ガス)を燃料とした仕様だ。これはタクシーのようにガソリン車をベースに仕様変更したもので、エネルギーは若干低いものの、燃焼してもCO2の発生が少ないCNGを使うことでツインエアの場合でもさらに20%もCO2を削減できるそうだ。

ガソリンとCNGのバイフューエル仕様でも12%のCO2を削減できると言う。欧州のCNG車で80%ものシェアを占めているフィアットだけにFPT社のノウハウは相当なものだ。

またインフラ整備や水素製造時のCO2排出量の問題は残るものの、依然として水素は内燃機関や燃料電池の燃料として期待できると言う。現在はCNGと水素を混合させた燃料も研究しているそうだ。

日本ではトヨタ『プリウス』、ホンダ『インサイト』によってハイブリッド人気が高いため、フィアット500にもハイブリッドが設定されるのなら、と早期の登場を期待してしまいそうになるが、ドリア氏は「ガソリンエンジンにはまだまだ改善の余地は残っており、FPT社はあらゆる技術でそれぞれの市場に対応していく方針です」と語ってくれた。

ハイブリッド ツインエアの進化---ガソリン機関の可能性をフィアット技術者が語る