第15回パイオニア・サウンドコンテストが開催された幕張メッセ・7/8ホール

パイオニアは9月2日と3日の両日、幕張メッセ(千葉市)において、第15回パイオニア・カーサウンドコンテストを開催した。このコンテストは、「カロッツェリアx」を取り扱う販売店、およびそのユーザーが所有する車両がエントリーできる。

コンテストは大きく「カロッツェリアxシステム」クラスと、「ピュアコンポシステム」クラスの2クラスに分けられて開催された。

カロッツェリアxシステムクラスは、メインユニットにカロッツェリアxシリーズの『RS-D7X』(II/III)を使用し、パワーアンプ『RS-A9X』、『RS-P99X』のいずれかによってピュアデジタルまたはデジタル/アナログシステムが構成されていることを条件とする。

ピュアコンポシステムクラスは、カロッツェリアのCDレシーバー『DEH-P01』、『DEH-P940』、DVDレシーバー『AVH-P900DVA』のいずれかを使用し、パイオニア製アンプ、スピーカー類でシステムが構成されていることを条件としている。

また、このコンテストでは、販売店が所有するディーラーデモカー部門と、ユーザーが所有するユーザーカー部門、さらにディーラー/ユーザーの混合部門の3部門を用意して審査。ディーラー/ユーザー混合部門でのみ、エントリーユーザーが多い「内蔵アンプシステムクラス」での審査となった。

課題曲はマイケル・ブーブレの「クレイジー・ラブ」内田光子withクリーブランドオーケストラが演奏する「モーツァルトピアノ協奏曲第20番」。これを巡って全国各地から今回は過去最大となる全243台がエントリーした。

2日の審査ではディーラーカー部門のカロッツェリアxシステムクラスで上位10位まで、ピュアコンポシステムクラスで上位5位までが発表され、同日夜、表彰式が開催された。上位は以下の通り。

●ディーラーデモカー部門「カロッツェリアxシステムクラス」
1位:サウンドステーション ガレージショウエイ /BMW 320 E92
2位:CarAudioProShop エモーション /プジョー307SW
3位:サウンドステーション ZIPANG /BMW X5

●ディーラーデモカー部門「ピュアコンポシステムクラス」
1位:サウンドフリークス / BMW330Ci
2位:サウンドステーションAV Kansai神戸 / BMW X1
3位:サウンドステーションAV Kansai堺 / BMW523iツーリング

3日に開催されたユーザーカー部門、ディーラー/ユーザーカー混合部門の上位結果は以下の通り。

●ユーザーカー部門 「カロッツェリアxシステムクラス」
1位:サウンドステーションZIPANG(友森幹)/ レクサスIS
2位:サウンドステーションAV Kansai堺(米田清隆)BMW M5
3位:CarAudioProShop エモーション(板井敏美)/ スバル・レガシィワゴン
※()内はオーナー名、敬称略

●ユーザーカー部門「ピュアコンポシステムクラス」
1位:サウンドステーションAV Kansai堺(森本健)/ ダッジ・マグナム
2位:サウンドフリークス(佐藤宏行)/ プジョー406
3位:サウンドステーションZIPANG(吉田昌弘)/ スバル・レガシィワゴン
※()内はオーナー名、敬称略

●ディーラー/ユーザー混合部門「内蔵アンプシステムクラス」
1位:Stecs / スズキ・スイフト
2位:サウンドステーションQUANTUM / VWシロッコ
3位:サウンドフリークス / BMW320iツーリング

ディーラーデモカー部門「カロッツェリアxシステムクラス」で入賞した上位3名 ディーラーデモカー部門「ピュアコンポシステムクラス」で入賞した上位3人 課題アルバムのマイケル・ブーブレの「クレイジー・ラブ」内田光子withクリーブランドオーケストラが演奏する「モーツァルトピアノ協奏曲第20番」 ディーラーデモカー部門「カロッツェリアxシステムクラス」で1位入賞となったガレージ・ショウエイのBMW320 ヘッドにRS-D7x?を据え、これにオリジナルの「M&M Design」のスピーカーを組み合わせた。アンプはカロッツェリアのRS-P99と、RS-A99×2でシステム化 リアシート背後にセットされた「M&M Design」のサブウーファー4基 ディーラーデモカー部門「ピュアコンポシステムクラス」で1位入賞を果たしたサウンドフリークスのBMW330Ci ヘッドとしてDEH-P01を中心に、パワーアンプ・RS-A70を2台、パイオニア製スピーカーを組み合わせた リアシート背後にセットされたサブウーファー・TS-W10RS