シトロエンTUBIK

シトロエンは2日、ドイツで13日に開幕するフランクフルトモーターショー11に、コンセプトカーの『TUBIK』を出品すると発表した。

TUBIKは、シトロエンの商用バンのルーツとして、第二次世界大戦さなかの1939年に登場した『TUB』へのオマージュ。TUBは1941年に生産を終えるが、その後継者の『タイプH』(1948年誕生)に、その思想は引き継がれた。

TUBIKは、全長4800mmの大型ボディに、9名乗車を可能にするワイドなスペースを備えたコンセプトカー。小さなガラスエリアに、片側開閉式の巨大なサイドパネル、新世代シトロエンのフロントマスクの組み合わせは、強烈なインパクトを与える。

室内は、コクピットスタイルの運転席を採用。2名がけの助手席は回転対座が可能で、2列目をテーブルとして使えば、ラウンジスペースに早変わりする。

シトロエンTUBIK シトロエンTUBIK シトロエンTUBIK シトロエンTUBIK シトロエンTUBIK シトロエンTUBIK タイプH