日産ヴァーサ・セダン新型

ガソリン価格の上昇で、消費者の注目が集まっている米国サブコンパクトカー市場。7月はヒュンダイ『アクセント』が同市場を制したが、8月は日産が同市場のトップを奪取した。

これは2日、北米日産が明らかにしたもの。それによると、8月の米国新車販売におけるサブコンパクトカーの販売ランキングは、日産『ヴァーサ』(日本名:『ティーダ』)が8566台を売り上げ、首位に立った。前年同月比は、14.9%増の伸びだ。

日産に追従したのは、フォードモーターの『フィエスタ』で5833台。しかし、日産ヴァーサとの開きは、約2700台と大きい。また、7月首位のヒュンダイアクセントは、8月は5289台で3位に後退した。

以下、ホンダ『フィット』が3959台、GMのシボレー『アベオ』が2596台、マツダ『2』(日本名:『デミオ』)が1387台、モデル末期のトヨタ『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)が1112台という結果だ。

日産は8月、新型ヴァーサの米国販売を開始したばかり。現地ベース価格は1万0990ドル(約84万円)と、米国で販売される新車としては、最安値車に君臨している。

日産ヴァーサ・セダン新型 日産ヴァーサ・セダン新型