フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》

基本骨格はセダン譲りで車体はFFベース。正直、期待値は高くなかったが、それだけに驚きは大きかった。

操縦性はきわめて素直で、ストローク感に満ちたサスペンションの仕上がりも秀逸。ワインディングロードも楽しめる素晴らしく質の高い走りは、世間のプレミアムSUVの中に入れても遜色無い、というより自然体の気持ち良さでむしろ多くの上を行く。V型6気筒エンジンも力感は十分以上。後に追加予定のエコブーストも気になるが、現状でも満足度は上々だ。
 
これだけの体躯だけに室内は広く、つくりも良い。強いて言えば使いやすいナビゲーションシステムが欲しいところである。
 
新鮮で、且つそれらしさを匂わせる凛とした外観も好印象。そして当然ながら、その名を戴く以上はオフロード性能も先代を凌駕しているというのだから、他に何を望む?
 
ヨーロッパまたは日本製のプレミアムSUVを検討しているなら、一度コイツも試しておくべし。目からウロコの体験ができるはずだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。著書に『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)、徳大寺有恒氏との共著『2011年版間違いだらけのクルマ選び』(草思社刊)。

フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》