『日経トレンディ』10月号

『日経トレンディ』を発行する日経BPは、自動車業界のコンサルティングや調査・研究を行う住商アビーム自動車総合研究所と共同で「エコカー総選挙」を行った。

自動車メーカー、ディーラー、サプライヤーなど、自動車業界関係者を対象にしたアンケートを8月上旬に実施。自動車業界の関係者が推すエコカーを選んでもらったもので、今回初めて実施した。

業界関係者500人以上からの回答を集めた結果、首位となったのは新世代ガソリン車のマツダ『デミオ 13-SKYACTIV』だった。また、ランキング上位に低燃費ガソリン車が複数選出された。

ダイハツ工業が9月に発売する新型軽自動車『イース(仮称)』、フィアット『500ツインエア』、フォルクスワーゲン『ポロTSIコンフォートライン』が10位以内にランクインしており、これまでハイブリッド車一辺倒だったエコカー市場で、低燃費ガソリン車の存在感が増している。

また、今回のアンケートでは、「10年後の国内市場でシェアを大きく伸ばしているエコカー」についても業界関係者の意見を聞いた。

最も支持を集めたのは、家庭用電源から充電できる「プラグインハイブリッド車(PHV)」だった。PHVは一定距離を電気自動車としてモーターを使って走行でき、その後もハイブリッド車として走り続けられる利便性の高さや、家庭電源のバックアップ機能が期待されている。「低燃費ガソリン車」「ハイブリッド車」「電気自動車」がPHVに続いた。

詳しい結果は『日経トレンディ』10月号(9月3日発売)で紹介している。

マツダ・デミオ13-SKYACTIV《撮影 宮崎壮人》 フィアット500ツインエア