日本鉄鋼連盟の林田英治会長は、野田新政権に対して「東日本大震災からの復興に向けた速やかなる政策立案・実行と、足元の超円高をはじめとした重大な局面にある日本経済、混迷する政治状況の打開が求められる野田内閣に期待するところは極めて大きい」とのコメントを発表した。

また、超円高の為替水準や高額な法人税、電力不足問題などから、産業の国内空洞化が懸念されている。

こうした中で、新政権に対して「自由貿易の推進、税制、環境エネルギー政策など、直面する重点課題に対し強いリーダーシップを発揮し、国際的に公平な競争環境の構築に加え、日本の産業の国際競争力の強化に資する政策の推進で、産業空洞化懸念を払拭し、経済の活性化、そして国民生活の更なる向上の実現を切に希望する」と期待感を示した。